レーシックイメージ

失明しないか…などレーシックの安全性が心配な方へ

スポーツ選手や芸能人など有名人がレーシック施術を受けた…といった記事を目にすると
「自分も興味はあるけどちょっと怖い…」と思われる方も多いのではないでしょうか。

最近広まってきたとはいってもレーザーを照射して角膜を削るというし万が一失明なんてしたら怖い…。

目は体の器官の中でもとりわけデリケートな部分。
安全性について不安になるのは自然な感情だといえるでしょう。

しかし当初は私も不安だったのですが医師から
「レーシックは角膜の屈折率を変えるために角膜を削るもので眼球の内部に直接的な影響はない」と説明されました。

一番安心したのは「実際施術自体で失明した事例はない」ということです。
幸い私はなかったのですが手術後にドライアイの症状が出たり光をまぶしく感じたり物がぼやけて見えることもあるそうです。
ただこれも時間が経過したり適切な治療をすれば解消されていくことがほとんどだとのこと。
レーシック体験者たちの声がこちらに載っていますのでご覧ください。
そのためむしろ角膜炎などの合併症に感染する場合は医療機関が適切に器具の洗浄を行わなかったとか自分自身が医師の指示を守らずに適切なケアをしなかったことが原因という場合が多いのです。

しかし現在は衛生管理の徹底が図られているので医療機関での感染症については心配する必要はほとんどないと言えるでしょう。
私の場合施術自体も日帰りでしたし施術日のみ目を保護するメガネをかけて入浴やスポーツは避けるよう言われましたがあとは普段の生活。
やっぱり目は大事なので大丈夫かなとちょっと目を意識してはいましたが不便などはありませんでした。

このようにレーシック施術自体についての安全性は高まっており過度の心配をする必要はなくなってきています。
しかしレーシックは医療行為であるのも事実。

もし興味を持たれた場合はきちんと説明を受け納得できる医療機関を選び医師の指示には的確に従うように心がけましょう。
こちらにもかいてありますが、レーシックには向き不向きがあるようです。
手術を希望の方は事前に適応検査というものを受ける必要があります。
このときに角膜が薄いなどの問題があると、レーシックを受けることができなくなってしまうそうです。

レーシックを受ける前にしておきたいポイントというのがこちらにまとまっているのでご覧ください。

Copyright(C) 2009 目をたいせつに.com All Rights Reserved.