レーシックイメージ

レーシック手術は目のぼやける症状をすぐに回復できる

関東に住んでいる会社員の男性が最近デスクワークが多く、パソコンで目を長時間使っていたせいか視力が一か月前に比べ低くなっていることが明らかになったので、眼鏡をかけて仕事をしました。

しかし眼鏡でパソコンを見ると平衡感覚がおかしくなってめまいや吐き気を催すことが
何度かあったので、コンタクトを使ってみたところパソコンの画面から出る光がコンタクトレンズに反射して時々見づらいこともありました。

彼が最終的に考えたことは、まず視力を上げる道具を使うことは避けて
自分の目にレーザーを当てて目の中を治療するレーシック手術を受けることを決めました。

レーシック手術は目の中にある角膜や水晶体を新しい物に取り替えて、
本来の視力を取り戻させることが可能な手術なので、彼自身もその情報については
レーシック手術の存在を知るまで分かりませんでした。

レーシック手術にかかる費用の相場はこちらにかいてありますが、
今回の費用は約4万くらいで、彼は手術を受ける時期にボーナスが出る予定なのでそのボーナスを自分の目の手術費に回すことにしました。

一般的なレーシック手術の方法はこちらにかいてありますが、手術が終わった後最初の方はしばらくぼやける症状が出ますが
段々はっきりと見えるようになるので心配する必要はないとされています。
彼は会社の仕事が終わった後、急いで病院に行き手術を受けた結果、
手術後に治療した所の目を包帯で巻いて看護婦の方から明日まで包帯を取らずに安静にすることをお願いされました。

実はこのレーシック手術は一日に両目の手術を行うのではなく、
一日に片方の目を手術して包帯を巻いて完了させるのがどの病院でも当たり前となっていますので、当然費用も片方の目の手術代で4万円となり両目で8万円という計算になることを彼自身初めて知りました。

でも彼はその8万円を払うことについて動じることはなく次の日にもう片方の目を治す手術を行ったため、遂に彼は生まれた時の視力を取り戻すことができました。
その後彼はこの手術について起きたことを日記に書いています。
成功例が多い中、数は少ないものの失敗するケースもあります。
レーシックの失敗したときみられる症状についてまとめてあるサイトがありますので、
こちらをご覧ください。

Copyright(C) 2009 目をたいせつに.com All Rights Reserved.